スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法教育の授業

こんにちは。

今年も2月が終わるというのに、今年初めてのブログ更新です!
いや~
だいぶサボりましたね(笑)


で、今回は何について書くかというと…
小学校での法教育の授業について書きたいと思います。

先日2/20(金)に私が所属する支部の区域内にある公立の小学校におきまして法教育の授業を実施しました。
小学校5年生を対象に「法律と契約(特に未成年と契約)」について授業をさせて頂きました!

なんか、「授業をさせて頂きました!」っていかにも自分が講師となって授業をしたような感じに書いていますが、私はサブの講師(法律解説担当)として参加させて頂き、メイン講師として支部内の若手で優秀な行政書士の先生が授業を進めてくださいました。
メイン講師をしてくださった行政書士の先生は、前職が塾の講師という事もあって、今回の授業案の構成もして頂きました!

で、私は何をしたのかというと…


何もしてません…(笑)
っていうのは冗談で、授業の内容の提案などを出していました!

…要するに、ただ口だけ出していたという事ですね(笑)


本格的に始動したのが年末…ほとんど年明けからで、正直1月2月は結構カツカツのスケジュールでした!

私自身、昨年も同じ小学校で法教育の授業に参加させて頂きましたが、その時はサポート役として参加したので、教室の前に立ってみんなに話をするという事はしませんでした。
しかし、今回はサブ講師とはいえ、教室の前に立ち小学生に話をするという事で正直非常に緊張していました(笑)
講師とかの経験がなかったので当日の朝は結構憂鬱でした(笑)

まあ、でもなんとか無事にこなすことができたので良かったと思いますし、自分自身にとっていい経験になったと思います。

今回、民法の未成年者の法律行為の条文を使って、ワーク形式(いくつか事例問題を出して考えてもらう)で授業をしましたが、最近の小学生は民法の条文の意味がわかる子が結構いるんですね!
非常に驚きました!
民法5条の条文を説明するとき、「法律行為」や「法定代理人」の意味をすぐに答えたりする子が結構いました。
中でも一番驚いたのは「制限行為能力者の詐術」について事例問題で、答えに対する理由を答えてもらったときに予め配っていた条文のプリントを見て…
「(民法)21条に書いてあるから」
と答えた子がいた事です。
民法21条って「制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いたときは、その行為を取消すことができない」って条文ですが、これを自分で読んで理解できる子がいたことに驚きました!

私が小学5年生のとき果たして理解できたのか?
袖で鼻拭いて、カピカピになっていたぐらいだったのでたぶん理解できなかったでしょう(笑)

現在の小学生って学力高い子が増えてきたのかな~
って思えた瞬間でした。

また、来年も参加したいと思います。

スポンサーサイト

初!法教育関係の会議出席!

こんにちは。
行政書士の滑川です。


昨日、法教育支部推進委員の連絡会議というものに出席しました。

なんのこっちゃ??
というと…

早い話が、東京都行政書士会の各支部で法教育に関わっている人の中から1人代表者が出席して、本部からの連絡を聞きに行くという事です。

で、その後は意見交換などをして終わりました。


そして気になるところだと思いますが、なぜ、私が出席したのかというと…


ズバリ!
責任者の方に「誰も出れないので出席して頂けませんか?」とお声を掛けられたからです(笑)

夕方に予定がありましたが、特に断る理由はなかったのでお引き受けいたしました。


なにはともあれ、一応各支部の代表として出席しているので、しっかりとした姿勢(座る姿勢ではありませんよ)で臨みました。

ただ、意見交換の場面で、不意に意見を求められた時は正直焦りました(笑)

元々、人前(特に大勢の前)でしゃべることがあまり得意ではない上に、私では答えにくい内容だったので、テンパリまっくってしまい、何しゃべったのかあんまり覚えていません(笑)

ん…ん…?
人前でしゃべるのが苦手…? 大丈夫…?

少人数であれば大丈夫です!!


まあ、でも今回の会議出席は自分自身にとって非常に良い経験になったと思うので良かったと思います。
微力ながら支部活動にも貢献していこうと思います。


法教育関係の研修会

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

先日、といっても8月の初めですが、中央大学市ヶ谷キャンパスにおいて法教育関係の研修があったので出席してきました。

研修の内容は「法教育のプレゼン講座」と「法教育授業案作成のためのリーガルリサーチ」でした。

まあ、でも私の感想としてはリーガルリサーチに関する事がメインだったと感じております。

早い話が、「ウェストロージャパン」のデータベースを使って、リーガルリサーチをするという事なんですが、法教育というよりかは、普段の業務でも役立ちそうな内容でした(そんな大した業務してませんが(笑))

もちろん法教育授業案の作成にも役立ちそうですが…

また、その他にも授業案を作成するときのポイントやネタの見つけ方など、色々なヒントになりそうな事も聞けたので、私自身非常にためになりました。
ただ、5時間の研修は正直つらかった…
データベースでの検索の時間が無ければ、あやうく夢の中…

しかし、今回の研修は個人的にはためになったと思いますが、個人的に問題点が一つだけありました。

それは…

ズバリ!ウェストロージャパンを導入できないということです!!!

なぜかというと、もちろん「お金の問題ですね!」

立派にご活躍されている他の行政書士さんならともかく、私のようなへっぽこ行政書士ではデータベースを導入すること自体困難を極めます。

びっくりするほど金額は高くないけど、そんなに安くもないということですね(笑)

まあ、へっぽこのうちはデータベースではなく紙ベースの六法と誰でも使えるインターネットで頑張っていくしかないですね!
ということになります。

法教育シンポジウム

こんにちは。

フェイスブックページにも投稿してありますが、先日東京都行政書士会の「法教育シンポジウム」に参加してきました。
内容としては…

①最近法教育を行った支部の実施報告。
②実施経験豊富な支部の模擬授業。
③他支部からの講師派遣による法教育授業の実施についての実施報告(インタビュー形式)
④その他パネルディスカッション。

今回の法教育シンポジウムで私が驚いたのは、法教育は児童や生徒だけではなく「保護者向け」という選択肢がある事に驚きました。実際、とある支部では児童や生徒向けではなく初めての法教育授業が保護者(PTA)向けの授業だったそうです。

これを聞いたとき、「法教育」というのは学校だけではなく、「法教育」ではなく名前を変えて将来的には色々なところにも派生していく可能性があるのではないのか!?と感じました。
大袈裟かもしれませんが、行政書士だけではなく、司法書士や弁護士等においても同じ事が言えるのではないかと思います。

また、法教育の授業の内容(ネタ)についても参考になりました。

例えば、行政書士(法律専門職・行政手続の専門家)というような専門性を出せるような内容にし、尚且つ小学生や中学生などに身近な事柄を題材にし面白おかしく分かりやkすく伝えることができようにするには、どのようにすればいいのか…など今後のヒントになりました。

私が所属する支部でももっと法教育の活動を広めていけるようにお手伝いができればと思います。

法教育授業実施!

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

先日、ついにとある小学校におきまして所属支部としては初となる法教育授業が実施されました。

小学校の控室で授業開始前の直前の打合せをしましたが、メインで講師をやるわけでもなくただサポート役で参加するだけなのに何気に緊張してお茶も喉を通りませんでした(笑)
メインの講師をされる先生はだいぶ緊張されている様子でしたが、それに匹敵するくらい無駄に緊張してました。
サポート役といっても、グループワークの時に各グループに付いて直接児童達のサポートをするので意外と重要な役割なのです…
しかも、普段小学生と触れ合う事が無いのでどう接すればいいのか…緊張しました(笑)

最終的には笑顔で終える事ができました!

今回のテーマは身近な公園の「きまり」を題材として、「きまり」何のためにあるのか?「きまり」を守る意義などについて考える事でした。

授業終了後、校長先生からは「もう少し法律の専門性を出して頂いてもよかったです」とおっしゃっていただきました。

次回はもう少し専門性のある内容になっていくのでしょうか?(私では決められないが…)

今後も法教育の活動を継続していければと思います。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。