FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士におけるADR調停人の可能性

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

2日連続でブログを書いています!結構珍しい出来事です…(*^_^*)


先日、行政書士会のADRセンターで活動されている方とお話する機会がありました。
その方は、ADRに関連する内容の法教育で講師を頼まれる事も時々?あるようで、結構色々なところで活動されているようです。

正直、行政書士のADRについてはあまり興味がない、というかそもそもニーズがあるのか?と疑問を持っていました。
事実、現時点では行政書士会のADRセンターに来る問い合わせ等は年間通じてそこまで多いわけではなく、むしろ少なく感じてしまう程の数しかありませんし、現行法上行政書士には「ADR代理権」はありません。
なので、実際にADRの調停人になってもそんなに仕事があるとは思えなかったので特に研修等も受けていませんでした。
また、私自身司法書士の試験も受けているので、司法書士になり簡裁代理権の認定資格を取れば、訴額140万円以下ですが弁護士と同じように代理人になれるので、あまり行政書士のADR調停人に関しては必要性を感じていませんでした。

そのぐらいにしか行政書士におけるADRに関しては考えていませんでした。

ところが、その方のお話を聞いた途端考え方が180度…ん…言い過ぎ!90度くらい変わりました。
なにも、ADRセンター内だけでADR調停人として活動するだけではなく、日々の業務においても調停人としての技術が役に立つ事もあるということでした。
たとえば、離婚協議や示談などで当事者同士がまだ面と向かって話ができる状態で、もう少しお互いが歩み寄れば問題が解決するような場合、行政書士が当事者の間に入って話をまとめそれによって当事者同士が合意できればそれにこしたことはありません。
ただ、あくまで当事者同士で話し合いができるような状況であるというのが前提で、もう話し合いにもならないというときには弁護士さん(訴額によっては認定司法書士さん)の範疇になりますが…

その辺の見分けが難しいですが…
それに関しては業際の問題なのでここでは触れませんが…

話がそれましたが、そういった場合にも役に立つ物である事やさらに業務の幅を広げることができる可能性がある事を教えて頂き非常にためになりました!

これを機に、私もADR調停人養成研修を受けてみようと思います。



スポンサーサイト

公証人の話し

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

さて、久しぶりにブログを書いていますが、決して行政書士の業務が死ぬほど忙しかったとか、仕事がいっぱい入ったとかそういうことではなく、ただ単に書くのをサボっていただけです(ーー;)

ということで久しぶりに記事を書いてみます。



先日とある公証人の方のお話を聞く機会がありまして出席してみたのですが、結構!というか非常にためになる内容でした。

その方曰く、「公証人と行政書士の業務は非常に似ている」みたいです。
何が似ているのかというと…
公証人は公正証書を作成してそれに署名押印をしてその文書を公に証明する事ができる。
一方、行政書士は権利義務及び事実証明に関する書類の作成をすることができ、この文書に本人又は代理人の署名押印(できれば実印+印鑑証明書)して私文書として真正に成立(あくまで推定で…反証があれば覆りますが…)させることができる。

要するに、公の証明ができるかどうかは別として法的な文書を作成するところが似ているという事です。
というか、こんなことは私があえて書かなくても法律隣接職の方ならだれもがわかる事ですが…

まあ、それはともかくとして…


今回のお話で一番印象に残った事は「公証人と行政書士が協働していく事が今後必要になってくる」というところでした。

日本公証人連合会などは、国民にとってもっと公証役場及び公証人を身近な存在にし、もっと公正証書を活用してもらいたくさんの人に法律サービスを提供できるようにと活動をしているようです。

そこで、今後は行政書士が国民と公証役場の間のパイプ役となり、公証人と行政書士が協働することでさらに良い法律サービスが提供できるようにしていくことが必要ということのようです。


今回のお話を聞いて、今まで自分の中で迷っていたというか、方向性というか…
そういったものがハッキリとまではいかないですが、ぼんやりと見えてきたような感じがしました。

これから、行政書士として自分はどのような分野でどのように活動していくべきなのかなど、今までフワフワしていた自分の進むべき道が少しだけですが見えてきた内容でした。






法教育授業実施!

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

先日、ついにとある小学校におきまして所属支部としては初となる法教育授業が実施されました。

小学校の控室で授業開始前の直前の打合せをしましたが、メインで講師をやるわけでもなくただサポート役で参加するだけなのに何気に緊張してお茶も喉を通りませんでした(笑)
メインの講師をされる先生はだいぶ緊張されている様子でしたが、それに匹敵するくらい無駄に緊張してました。
サポート役といっても、グループワークの時に各グループに付いて直接児童達のサポートをするので意外と重要な役割なのです…
しかも、普段小学生と触れ合う事が無いのでどう接すればいいのか…緊張しました(笑)

最終的には笑顔で終える事ができました!

今回のテーマは身近な公園の「きまり」を題材として、「きまり」何のためにあるのか?「きまり」を守る意義などについて考える事でした。

授業終了後、校長先生からは「もう少し法律の専門性を出して頂いてもよかったです」とおっしゃっていただきました。

次回はもう少し専門性のある内容になっていくのでしょうか?(私では決められないが…)

今後も法教育の活動を継続していければと思います。

行政書士による法教育

こんばんは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

今月、とある小学校において行われる行政書士による法教育の授業に参加致します。
参加するといっても、私自身が直接授業をするのではなく、サポート役としての参加です。
一応、所属支部で運営している法教育のグループメンバーに参加させて頂いておりますが、先月参加したばかりなので右も左もわからない状況で先日打合せ(リハーサル)に参加しました。

すでに授業案が完成しており、それを最終案にするための話し合いが行われましたが、内容が成熟してからの途中参加だったので、なかなか自分の考えというか頭の中のイメージが出来上がっていないまま打合せに参加したのと、メンバーのなかで自分が一番ぺーぺーということもあり自分の言いたい事の半分ぐらいしか意見が言えずに終わってしまいました(笑)。

で、それから数日経ち最終案が出来上がったので確認してみたら私の意見が採用されているような感じでした!?(定かではないし、勘違いかもしれませんが…)

内容としてはあまり詳しいところまでここでは言えませんが、簡単に言うと
「小学生において身近な施設の『きまり』を通じて、なぜ『きまり』があるのか?『きまり』がある理由などを自分たちで考え意見を出し合い話し合いをする。そうすることによって相手(他人)の立場に立って物事を考えられるようになってほしい」
というような内容だったかな?たぶん(笑)


まあ、こういった業務は直接お金になるわけではありませんが、元々法教育に興味があったというのもありますが、最近では自分の子供の教育(子育て)にも何かしらの役に立つのではないのかな~と思い始めました。

今回が、初めての法教育授業なので、無事成功させて2回目3回目と繋げていけたらいいな~と思います。

指導案を作成してくださった行政書士の先生及び中心になって動いてくださった行政書士の先生方お疲れさまでした!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。