FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政書士試験独学の心境

こんにちは。
行政書士の滑川です。


どんな試験でも、資格の専門学校などに通わず、独学で勉強されている方はいるかと思います。
私も、独学でした。

行政書士試験は受験制限がないので、色々な立場の方が受験されていると思います。
そんな中で色々な事情により、独学で勉強されている方も少なくないと思います。

大学生の方とかであれば、独学でも友達に受験仲間がいたりする事が多いと思うので孤独感というか、そういった感じは比較的少ないのではないかと思いますが、社会人の方などは専門学校に通っていたとしても、特に受験仲間がいなかったり、DVD講義の講座だったり、通信講座だったりすると、教材以外はほぼ独学状態という方は多いのではないでしょうか?

あくまで私個人の考えなので絶対ではありませんが、独学の最大の弱点は情報量や演習量の差ではなく、「受験テクニック」の差なのではないかと思います。

最近は、資格試験の参考書や問題集などが沢山売っているので、情報量や演習量でそこまで差がつくとは思いません。
しかし、受験テクニックというか、解法テクニックなどはなかなか独学じゃ習得できないような気がします。

例えば、行政書士試験の40字の記述式問題や司法書士試験の書式問題など…

独学だとそのあたりの事が不安になると思いますし、実際私自身もそうでした…







スポンサーサイト

私にとっての行政書士試験

こんにちは。
行政書士の滑川です。


8月も終わりに近づき、もうすぐ9月ですね…

今年の行政書士試験本試験まであと2カ月ちょっと。

刻一刻と本試験日が近づいてきます!


私は、お恥ずかしい話ですが、司法試験浪人(通称:司法浪人)でした。
しかも、新司法試験ではなく旧司法試験(笑)

何を血迷ったのか、新司法試験と並行実施が始まった年から受け始めました。
旧司法試験の合格者は大幅に削減されるというのに、無謀にも受験を始めました(笑)

…結果は3回受けて不合格…

当たり前ですよね!

で、3回目の受験の年の行政書士試験を受けましたが、一般知識で足切りに遭い(法律科目だけで合格点は超えていましたが…)もちろん不合格(笑)

で、翌年の試験で晴れて合格!

結局、2回目の受験で合格しました。


正直、素直にうれしかった事と自己採点しているとき、採点が進むにつれて全身が震えてきた事を思い出します。
何かしら形に残った事が本当にうれしかったんでしょうね!

まあ、こんな事書いたら「フン!行政書士ごときでそんなにうれしいか~?」
とか言われそうですが、そんなのは勝手に言わせておきましょう(笑)

最近は、司法試験の受験回数制限(来年からは無くなる?5回になる?)の影響なのか、ロースクール生や新司法試験受験者の方が行政書士試験を受験される事が多くなってきていると聞きます。

また、最近の行政書士試験の傾向は把握しておりませんが、私が受けていた頃よりも少し難しくなっているんですかね?

どんな立場の方でも、合格されたら少なからず嬉しいと思いますので、やりきってください!


最後に…
偉そうに申し上げてしまいすみません…





介在田?

こんにちは。
行政書士の滑川です。

タイトルがいきなり…
何て読むの?

という感じですが、これは「かいざいでん」と読むそうです。

介在田(かいざいでん)ってなに??

介在田とは
①農地法の規定により宅地等への転用の許可を受けた田んぼ
②田んぼ以外に転用することについて農地法の許可を受ける必要のない田んぼ
③宅地等に転用することが確実とみられている田んぼ

【※農地(田んぼや畑など)を売ったり、貸したりするときや農地を宅地等にするときなどは、農地法という法律に定められている許可や届出をしなけらばなりません。】

なんのこっちゃ?
早い話が、見た目は田んぼのような感じだけど、実際は農地法の許可を受けている、若しくは受ける必要のない田んぼ又は近い将来宅地などになる予定の田んぼの事で、課税評価としては宅地に近い評価がされている田んぼの事のようです。

ちなみに、介在田のほかに介在畑や介在山林などがあるそうで、それらをひっくるめて介在農地と言うそうです。


で、なんでいきなりこんな話かというと…
以前、山林や原野、雑種地(訳あり物件)の売買契約締結のお仕事をお手伝いさせていただいたときに、「介在田」という地目を初めて見て「なんのこっちゃ?」となったからです。

このとき、面白い事に登記簿上の地目は「雑種地」かなにか(数ヶ月前の事なので記憶があいまいですが…)で、固定資産評価証明書上は「介在田」となっていました。

その後、農業委員会に問い合わせてみたりして何とか事なきを得ました!

戸籍とかもそうですが、登記簿とかも「なんじゃこれ!?」っていうようなときが結構あるように思えます。

良い経験でした(笑)

行政書士試験監督員への応募

こんにちは。
行政書士の滑川です。

先日、このブログで書きました行政書士試験の監督員についてですが、応募締切日までまだ日にちがあったので試しに応募してみました。
一応、所属支部の支部長先生の推薦が必要と言う事なので、応募用紙を支部長先生宛てに郵送で送らせていただきました。

結果が分かり次第、このブログで書きたいとおもいます。

ただ、支部長先生の推薦が頂けるか心配です…

本来?というか必ずというわけではないようですが、まあ、礼儀として行政書士会に登録入会したときに、自分が所属する支部の支部長先生にご挨拶に行くべきなのですが、その頃は都内の法律事務所でお世話になっており、とりあえず行政書士登録だけしておこうかなぁ~

という感じだったので、とくに挨拶とか行かなくてもいいかなぁ~
ということで、挨拶にはいきませんでした。

今考えると非常に無礼者です!(怒)

その後は、統一無料相談会や法教育関係、支部研修などで何度かお会いしていますが、ご挨拶する程度なので推薦して頂けるのか心配です。



…そういえば結果っていつ頃わかるのかな?
あとで確認してみます。

自分の実家の相続登記①

こんにちは。
行政書士の滑川です。

だいぶ前(おそらく7、8年くらい前)の話ですが、私の実家の相続登記をしました。
私の父の名義になっていたのですが、その父は20年前に他界し、登記の名義がそのままになっていました。しかし、いい加減名義変更をしようということになり、父の相続開始から約十数年後にようやく相続登記を申請しました。

私の母は、「司法書士に頼むと結構お金がかかるから自分たちで登記しよう」と言いだし、さらに、当時司法試験浪人だった私に対して、「法律の勉強してるんだから簡単にできるよね?どうせ暇なんだし…やって!」と言ってきました。

まあ…いっか…

と、いう感じで引き受けましたが、正直司法試験の勉強をしていても不動産登記の申請の仕方なんてわかる訳がありません!

だいたい…
「申請書ってどう書けばいいの?」
「添付書類ってどんなのが必要なの?」
「そもそも、何から始めればいいの?」

と、いったレベルなので正直役に立ちません(笑)

とは言ったものの、引受けてしまったからにはどうにかしなくてはならないので、とりあえず市販の「わかりやすい相続登記の手続き」という本を買ってきて見よう見まねでやってみました。

しか~し!…本を見てビックリです。

・父(被相続人)の出生から死亡までの戸籍
・相続人全員の戸籍謄本
・登記名義人にかる相続人の住民票の写し
・遺産分割協議書(遺産分割により母の単独所有にしたので)
・相続人全員の印鑑証明書
・固定資産評価証明書
・相続関係説明図

などなどの書類が必要とのことでした(笑)

えっ…

(その当時は)自分の戸籍謄本もロクにとったことなかったのに、父親の出生から死亡までの戸籍って…
どうやってとるの?
固定資産評価証明書ってどこで入手できるの?

って、そもそも俺自身印鑑登録してないじゃん!

てな感じで、本を買っても結局どこから手を付けたらいいのかわかりませんでした。

で、結局自分だけではどうにもならなくなったので、管轄の法務局の出張所まで行き登記相談してきました。
しかし、そこで、さらなる追い打ちが…

この続きは次回へ…


行政書士法の一部改正

こんにちは。
行政書士の滑川です。

いきなりですが、今年の6月に行政書士法が一部改正されました。

どのような内容の改正かというと…
行政不服審査法における行政不服申立の代理権が行政書士に付与されるという内容です。


どういう事かというと…
行政庁(要するに役所など)の処分等に対して文句があるときに、その処分をした行政庁又は処分をした行政庁以外の行政庁に対して文句を言いたい場合、行政書士が代理人となり文句を言う手続ができるようになったという事です。

もっとわかりやすく言うと、裁判を起こす時に弁護士さんにお願いしてやってもらうことと似たような感じです。

ただ、全ての不服申立について代理権が付与されたとういうことではなく、「行政書士が作成した官公署に提出する書類に係る許認可等に関する不服申立手続」と限定的な代理権なのと、全ての行政書士に代理権が付与されるわけではなく、一定の研修を受け修了した行政書士(特定行政書士)でなければ代理人になれません。

限定的な代理権という事で、なんかちょっとインパクトに欠けますが…
行政書士業界においては大きな一歩なのではないかと思います(若輩者が失礼いたしますが…)。

今後は、行政書士が作成していない許認可等に関する不服申立手続についても代理権が付与され、さらに職域が拡張することを願っております。

なんかつまらない内容になっていますが以上です。


初!法教育関係の会議出席!

こんにちは。
行政書士の滑川です。


昨日、法教育支部推進委員の連絡会議というものに出席しました。

なんのこっちゃ??
というと…

早い話が、東京都行政書士会の各支部で法教育に関わっている人の中から1人代表者が出席して、本部からの連絡を聞きに行くという事です。

で、その後は意見交換などをして終わりました。


そして気になるところだと思いますが、なぜ、私が出席したのかというと…


ズバリ!
責任者の方に「誰も出れないので出席して頂けませんか?」とお声を掛けられたからです(笑)

夕方に予定がありましたが、特に断る理由はなかったのでお引き受けいたしました。


なにはともあれ、一応各支部の代表として出席しているので、しっかりとした姿勢(座る姿勢ではありませんよ)で臨みました。

ただ、意見交換の場面で、不意に意見を求められた時は正直焦りました(笑)

元々、人前(特に大勢の前)でしゃべることがあまり得意ではない上に、私では答えにくい内容だったので、テンパリまっくってしまい、何しゃべったのかあんまり覚えていません(笑)

ん…ん…?
人前でしゃべるのが苦手…? 大丈夫…?

少人数であれば大丈夫です!!


まあ、でも今回の会議出席は自分自身にとって非常に良い経験になったと思うので良かったと思います。
微力ながら支部活動にも貢献していこうと思います。


法教育関係の研修会

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

先日、といっても8月の初めですが、中央大学市ヶ谷キャンパスにおいて法教育関係の研修があったので出席してきました。

研修の内容は「法教育のプレゼン講座」と「法教育授業案作成のためのリーガルリサーチ」でした。

まあ、でも私の感想としてはリーガルリサーチに関する事がメインだったと感じております。

早い話が、「ウェストロージャパン」のデータベースを使って、リーガルリサーチをするという事なんですが、法教育というよりかは、普段の業務でも役立ちそうな内容でした(そんな大した業務してませんが(笑))

もちろん法教育授業案の作成にも役立ちそうですが…

また、その他にも授業案を作成するときのポイントやネタの見つけ方など、色々なヒントになりそうな事も聞けたので、私自身非常にためになりました。
ただ、5時間の研修は正直つらかった…
データベースでの検索の時間が無ければ、あやうく夢の中…

しかし、今回の研修は個人的にはためになったと思いますが、個人的に問題点が一つだけありました。

それは…

ズバリ!ウェストロージャパンを導入できないということです!!!

なぜかというと、もちろん「お金の問題ですね!」

立派にご活躍されている他の行政書士さんならともかく、私のようなへっぽこ行政書士ではデータベースを導入すること自体困難を極めます。

びっくりするほど金額は高くないけど、そんなに安くもないということですね(笑)

まあ、へっぽこのうちはデータベースではなく紙ベースの六法と誰でも使えるインターネットで頑張っていくしかないですね!
ということになります。

行政書士試験の試験監督員

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

先週末に台風が去って行ったというのに、今週は月曜から何となくどんよりとした天気ですね…
しかも、お盆休みなのに…

それはさておき、先日も書きましたが今の時期は行政書士試験の受験願書の受付期間だと思います。
今年の試験を受験される方にとっては、もう直前期に入ったといっても過言ではないと思いますがどうでしょうか?



…まだ…早いかな…?

まあ、でも、願書受付期間が始まったという事でもうすぐ試験だ!
という気分になれるかと思います。

それで、今回は行政書士試験の試験監督についてです。

あれって…知ってました!?
私は行政書士会に入会してから知ったのですが、行政書士試験の試験監督員って、現役の行政書士さんがやっているということを…

確かに、私が試験を受けたとき(といっても5年前ですが…)にも、金色のバッジをつけてる人たちがいたのを鮮明に覚えています。

今年の行政書士試験を受験される方がいらっしゃいましたら、試験中ウロウロ歩いている監督員のバッジを確認してみてください。
ただし、あまりキョロキョロしているとカンニングと間違われてしまうかもしれないので、気をつけてくだい。

なかにはバッジをしていない人もいるかと思いますが…






そろそろ行政書士試験の願書配布!?

こんばんは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

そろそろ行政書士試験の願書が配布されるころですかね~
ちゃんと調べていないので定かではありませんが…

…ってかそのぐらい調べろって話ですが。

行政書士試験研究センターのHPに行けばすぐにわかります!
今年の行政書士の試験を受ける方がいらっしゃいましたらそちらをご確認ください。


さて、行政書士試験の願書ですが色々なところで配布しているのってご存知でしたか?
東京都で言えば、東京都庁の総合案内や東京国際フォーラムの案内所や東京都行政書士会などで配布しています。
(郵送でも配布しています)。

都庁や行政書士会はわかりますが、東京国際フォーラムで配布って…
意外ですよね!!

なにか関連性でもあるのでしょうか?
わかる方がいらっしゃったら教えて頂きたいです。

因みに、私は東京国際フォーラムまで行って願書をもらいました!
意外性をこの目で確認したかったからです(笑)


国家試験なのに国の機関で配布していないんですね~
理由について書くと長くなってしまいますのであえて書きませんが、なんか地域性の強い行政書士ならではのような感じがしますね~


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。