FC2ブログ

行政書士の法教育

行政書士の滑川です。

先日、「行政書士による法教育を創り上げるには」という内容の研修に行ってきました。
行政書士による学校等での法教育をもっともっと広げて行こうということで、ワークショップ形式でいくつかのグループに分かれての研修でした。

実際に、テーマを決めてそれに続く授業のポイントやまとめなんかをグループごとで決めたりする…
というような事をやりました。

私自身の個人の感想としては、テーマを探すことが一番難しいと感じました!
特に、小学生を対象にしたテーマ作りが一番難しいと感じました。

内容が抽象的になってしまったり、小学生にとって身近な事から「法律」につなげていくという所が難しさの原因ではないかと思いました。
あと、学習指導要綱に沿ってテーマを考えなければならないというところもそうではないかと思いました。

結局、結構縛りがきついということですね!?

中学生の上級生とか高校生とかになると、ストレートに「法律」をテーマにできるようになるということなので、テーマを作るのもそれほど難しくはないようです。

まあ、こんな感じで、色々な士業団体(弁護士や司法書士)なんかでも、法教育について力を入れているようですが、それぞれの士業の特徴や業務の特徴に合わせた内容の法教育ができれば一番良く、それが、授業を受ける側の小学生や中学生またまた高校生にとってプラスになるだけではなく、それぞれの士業の為にもなるのではないかと思います(←偉そうですが…)
こんなところにまで、業際問題を持ち込むような事だけはしたくないし、してほしくないと思います!
(こんなこと書くと色々言われるかな?でも、誰もこのブログ見ないから大丈夫か!)

以上です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR