スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定款の電子認証って!?

こんにちは。
へっぽこ行政書士の滑川です。

今日は、定款の電子認証について思った事を書きたいと思います。

最近、株式会社や一般法人などを設立するときの原始定款の認証はほぼ電子認証によるそうです。
特に、行政書士とか司法書士が業務として行う場合は殆んどが電子認証を利用しているそうです。

理由としては、定款の認証において電子認証を利用すると、定款に貼る収入印紙代(4万円)がかからないからだと思います。
(ちなみに、定款認証の手数料は5万円で、紙媒体の場合定款に4万円の収入印紙を貼らなくてはなりません)

しかし、この電子認証制度を導入するためには色々な準備が必要で、始めるには大体5万~6万ほどの費用がかかるようです(自己調べ)。

なので、会社の設立手続きを専門家に頼まないで自分でやろうと思っている方にとっては、定款の認証手数料の4万円を払った方が逆に安く済むかもしれません。

会社設立手続の代行を業務としている「売れっ子」の司法書士や行政書士にとっては電子認証を導入して、認証手数料の4万円を節約できる方がお客さんも来やすくなるかもしれないので5,6万を出す価値はあると思います。

しかし、私のようなへっぽこで機械音痴の行政書士が5、6万出して電子認証を導入しても会社設立の依頼が来なければ投下資本を回収する事ができないので意味がありません((+_+))

そうなると、料金表の報酬から4万減らすか…?
いや…それでもだめか?

安く会社設立(電子認証で)を請け負っているところよりも4万安くするか?
いや…それだとほぼ慈善事業になってしまうではないか!!

ん~~どうしたらいいのか?


!!!悩む必要ないのでは!?

どうせ、会社設立の依頼なんかそう滅多に来ない!というかほぼ来ないから大丈夫だ!

ということで、今日はもう寝ます(-_-)zzz



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。