スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の行政書士試験独学勉強法

こんにちは。

今日は、私が実践した行政書士試験独学の勉強法についてです。
参考にならない方もいらっしゃるかもしれませんが、一応書いてみます!

私の場合、司法試験からの流れだったので、法令科目の択一に関しては、ほぼ司法試験用の「肢別過去問集」と「択一六法」でやりました。
法令科目の選択式と記述式については、資格試験予備校が出している問題集を何回か回しました。
一般知識については、当時試験委員だった方が書かれた個人情報保護関連法に関する書籍を2回くらい読み、後は資格試験予備校の出している一般知識に関する一問一答の問題集のようなものを利用しました。

この勉強方法が正しい訳ではありませんが、ある程度法律に関する勉強が進んでいる方で興味がある方は参考にしてみてください。私の経験上あまり負担になりませんでした。

ただ、唯一しんどかったのは、個人情報保護関連法に関する書籍と情報公開やデジタルに関連する法律の書籍を2回ずつ読んだ事です(笑)
読んでてすぐ眠くなってしまい、なかなか先に進まなかった事を覚えています(笑)


結構、法律科目では合格レベルになっているけど、一般知識で足を引っ張ってしまうという事が多いと思います。
ちなみに、私も2回受験して、1回目は一般知識で足きりに遭いました。
正直むかつきましたね~
だって、法律科目だけで合格点を超えていたのに~~
っていう感じでした(笑)

なにはともあれ、へっぽこの分際で偉そうなこと書いてしまいましたが、少しでも参考になったらと思います。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。