スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅失登記の申出?

こんばんは。


先日、自分が購入した土地の上に現実に建物が無いにもかかわらず、登記簿上建物の登記だけが残っているのでどうしたらいいのか?しかも、建物の所有者とされている人は全く知らない人なのでどうしたらいいのか?
という事を尋ねられました。

最初、私も「ん?ん???」
どういう事??
普通、建物を取り壊したときとかに、建物の登記名義人の方が滅失登記を申請するはずなのだが…
???
という感じでした。

もちろん、土地家屋調査士でもないのでチンプンカンプンだったので、法務局に問い合わせてみました。

そうしたら、こういうような場合、土地の所有者から「建物滅失登記の申出」というものができるという事でした。

「建物滅失登記の申出」というのは、本来ならば建物の所有者が滅失の登記を申請しなければならないが、実際に土地上に建物が無く、建物の登記だけが残っている状態で、建物所有者とされている方の協力が得られない場合に、「土地所有者が建物所有者の協力が得られない事を証明して、土地所有者から登記官に対して建物の滅失登記をしてください」とお願いをする制度のようです。

この、「土地所有者が建物所有者の協力が得られない事を証明しなければならない」というのがちょいと面倒な気がしますね!
どういう風に証明するのかというと、内容証明郵便などで連絡して、何度も送っているけど返事がないとか、そもそも戻ってきてしまい所在がわからない…とい感じで証明するそうです(他にも場合によっては色々あると思いますがほんの一例です)。

ちなみに、その申し出があった場合法務局の方でも一応の調査はするそうです。

なお、私は行政書士なので内容証明の作成発送はお手伝いできますが、滅失登記の申出は基本的にはご自分でして頂くか、土地家屋調査士さんにお願いすることになります。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。