スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要件事実って?行政書士に必要?

こんばんは。

「要件事実」って何の事かを知っていますか?

といってわかる方は…

おそらく、法科大学院生や法曹三者(裁判官、検察官、弁護士)、一部の司法書士や一部の行政書士、新司法試験受験生や法律学者などの方くらいかと思います。

実際、私も「要件事実」という言葉自体は法律事務所に勤務するようになってから知りましたが何の事かしっかりと説明できません(笑)

なので、これから勉強していこうと思っています!


なんで、「要件事実」を勉強するのかというと、行政書士も権利義務や事実証明に関する書類を作成する事ができますが、それらの書類を作成する上で必要な事だと思うからです。

当然ながら、行政書士は弁護士業務の一部分しかできませんが、逆に言えば、弁護士業務の一部を扱う事ができるという事です。
そもそも、行政書士と弁護士では試験合格の時点で法律的な学力にある程度の差があり、さらに司法試験合格後は1年(過去は1年半、2年)の司法修習期間がありますが、行政書士に関してはそんな研修期間なんてものはないので、さらに学力の差は広がる一方です。

なので、弁護士の方が司法修習のときに習うであろう要件事実を勉強し、同じレベルとまではいきませんが、行政書士もそれに近いレベルまでになるようにしなければならないと思います。

また、依頼を受けた場合、権利義務や事実証明に関する書類の作成に関しては、弁護士に劣らない能力がなければこなす事ができないと思っています。


なんか、長々と意味のわからない事を書き綴りましたが、要するに、要件事実について勉強して、しっかりとした権利義務及び事実証明に関する書類の作成及び作成の支援等ができる行政書士になりたい!

という事です(笑)

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。