FC2ブログ

パワハラと見抜けなかった初めての相談

こんばんは。


私が行政書士として初めて受けた相談で今でも杭に残っている相談があります。

相談内容はあまり詳しくは書けませんが、簡単に言うとその出来事がパワハラと認識できず、非常に中途半端な事しかできなかった事です。

元々法律事務所に勤めていましたが、そもそも、他人の法的な相談を受けるのが初めてだったので、緊張のあまり事実関係を把握するので精一杯になり、頭の整理ができないまま回答していました。
慰謝料についての相場も聞かれましたが、全く見当がつかず「調べてからまた連絡します」という有様。
被害届についてもハッキリとした回答もできず何となくフワフワした感じで終わってしまいました。

結果的に骨折までしており、全治はだいたい3カ月ほど。
赤本を参考に大体の損害額を提示し、内容証明ではなく普通の手紙で加害者に慰謝料の請求をする事を提案。

こんな中途半端な事をしていたので先方に一枚上を行かれてしまい、結局弁護士さんに相談。


今考えると非常に自分が情けなかったですし、相談して下さった方にも非常に申し訳ない気持ちです。

初めてだからしょうがないかもしれませんが、相談しにくる方にとっては初めても何も関係ありません。
仮に、このときパワハラと気づいたとしても、「加害者自身の不法行為責任」「使用者責任」「安全配慮義務違反」などが頭をよぎったかどうかはわかりません。

これも良い教訓として、今後はこのような中途半端な対応をしないようにしなければなりません!
と心に決めました!


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR