FC2ブログ

遺産分割協議書作成の…

こんにちは。


ここ最近は比較的時間に余裕があるので、ブログの更新が頻繁にできています(笑)
余裕があっても更新していないときもありますが…

とっ言う訳で何か書いてみます!


遺産分割協議のときに、相続財産である土地を相続人2人で相続する場合で、共有名義にするのではなく分筆して分筆後の土地をそれぞれの単有にするときってどのような流れで遺産分割協議を進めるのがいいでしょうか?

と、突然事例形式の質問から始まってしまいましたが、上記のような場合、登記手続きの煩雑さや遺産分割協議書作成の観点から以下のような流れになるかと思います。

①遺産分割協議書作成前に土地の分筆の登記をして
②分筆後のそれぞれの土地の地番を確定させてから遺産分割協議書を作成する

という流れが一般的…
かどうかはわかりませんが、私の場合その他に特に制約がなければこのような流れで遺産分割協議書を作ると思います。

で、ここで疑問が生じたんです!
仮に、最終的には土地を二つに分けて、相続人それぞれの単有とすることには変わりないんですが、遺産分割協議書作成時点において何らかの理由により、ひとまず相続財産である土地の名義を共有名義にしておいて、その後その二人で話し合って土地を二つに分ける…

というような遺産分割協議書を作った場合、その後その遺産分割協議書をもとに共有物分割の手続きができるのか?

…という事です。

通常なら共有物分割の範囲になると思うので、遺産分割協議書ではダメなんじゃないかと思うんですが…
どうなんでしょうか…

遺産分割協議書を作成するとき、なるべく相続人の方の意向や状況等を踏まえて作成するのがいいのですが、手続的な部分で問題が残る遺産分割協議書を作成することはできないので、気をつけなければならないと思います!


ちなみに、先程の例の場合はどうなんでしょうか?
誰かわかる方いらっしゃいますか?



わかる方はポチっと押してください!
    ↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR