スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟慮期間の起算日

こんばんは。

必殺まとめ書きです(笑)

離婚などで、何十年も会っていない親が亡くなったような場合、亡くなった事を知るまで時間がかかることがよくあると思います。他に相続人がいる場合でも、戸籍をたどってみてからでないと相続人の全てを確定することができないので、相続開始の連絡が来るのは時間がかかることもあると思います。

まあ、遺言があれば別ですが、遺言が無いような場合、法定相続分で手続きをするにしても遺産分割協議をするにしても相続人全員に連絡をしなければ手続が進まない事もあります。

何十年の会っていない親が亡くなり、相続人が子供一人のような場合は、相続が開始した事を知ることがなかなかできないので、役所からの連絡とか、借金などをしている場合は貸金業者からの連絡とかで親が亡くなった事を知るというのも珍しくないと思います。
でも、そんな連絡が来るのは、相続が開始してから3カ月以上過ぎたころだと思います。

一応法律上は「自分に相続があったことを知った時から3カ月以内」であれば相続の放棄や限定承認の手続きができることになっています。

財産状況を調べて、財産が多ければ相続したいが、借金が多ければ相続放棄したいという場合、仮に相続放棄するとしたら熟慮期間が認められるかという問題があるので、なるべく早く裁判所に相談してみるなり、弁護士に相談してみるなりしてみる必要があるかと思います。

以前こういった相談を受けた事がありますがあるのでちょっと書いてみました。
あまり参考になりませんが…

にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。