スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改正法の行政書士試験への影響は?

こんにちは。

今年、行政書士試験に関係する法律がいくつか一部分改正され、来年度(平成27年度)の試験に影響があるのか?ないのか?
と、いった具合で来年度の試験を受験される方にとっては、非常に重大な事だと思います。

ちなみに、行政書士試験の適用法令は「試験の年の4月1日現在に施行されている法令」となるようです。


で、来年度の試験に影響が出る可能性が非常に高いのが、行政手続法の一部改正内容のようです。
改正行政手続法は総務省のHPで、「施行日は平成27年4月1日」となっているので、ほぼ確実に来年度の試験範囲になってくると思います。

次に、微妙なのが会社法で、法務省のHPでは「平成27年5月1日施行予定」となっており、このまま、5月1日に施行されれば基本的には来年度の試験には影響ないのかもしれませんが、他の試験(司法試験や司法書士試験)との兼ね合いなどで、適用法令の基準日が繰り下がる事もあるかもしれないので、今の段階では微妙としか言えないようです。

結構困りますよね?

行政不服審査法は、施行日が「公布から2年を経過するまでの間」となっているので、今現在は具体的な施行日が決まっていません。ただ、今の段階で具体的な施行日が決まっていないところからすると、来年度の試験への影響は少ないのではないのかと個人的には思いますが…

ただ、あくまで私個人の考えなので確実とは言えませんが…
むしろ、わかる方がいたら教えてほしい~
と、いうくらいです(笑)

改正法の行政書士試験への影響などについて正確な情報を確認したい場合は、資格試験予備校が発信している情報を確認したり、総務省や法務省のHPで施行日についての情報を確認したりするのが一番いいのではないかと思います。特に独学の方などは…

こういうのは、ハッキリと決めてほしいものですよね!(笑)

ではまた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はい。。。。



ハッキリ決めて欲しいです(T_T)

最近、しっかり勉強できてなかったので
ばやしさんの記事を見て
やらなきゃっ!!って思いました

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。